清原元選手のこと

清原元選手の逮捕以来、夜の街での滅茶苦茶ぶりとか、奇行だとか、週刊誌に連日出ている。
きっとワイドショーではもっとやっているんだろう。
でも、私には、あの人が緩慢な自殺をしようとしていたような気がしてならない。

素晴らしい才能を持っていたけれど、恵まれていた、とは思えない彼の人生。
最初のドラフトの時から、思い通りにいかない人生に傷ついていたように思える。
30年経っても運命の日として忘れられないくらいなのだから。
因縁の巨人との日本シリーズの対戦で、守備に就きながら流していた涙を思い出すと
傷ついてた純朴な青年がなんでこんなことになったの?と思う。

韓国のイ・チャンドン監督の映画『ペパーミントキャンディー』を思い出す。
野の花を写真に撮るのが好きだった純粋な青年が、薄汚れた中年男として自殺を遂げるまでを
時間軸を逆に、衝撃的な自殺から遡って描いた映画だ。
切ない。

長く生きていると、若いころ思い描いた人生と今の自分の違いや、汚れて疲れた自分が
情けなく思えてしまうことがある。
死んでしまったら楽かな、とか。
でも、清原氏は生き残ったのだから、子供たちに違う父親像を見せてから旅立ってほしい。
[PR]
by happynap | 2016-02-06 06:16
今日というこの日を生きていこう >>